前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧

254 1月26日稲作育苗箱への浸透性農薬施用についてのワークショップ 
2013/12/26(木)12:00 - おおきえつこ - 1665 hit(s)

引用する
現在のパスワード


東京で開催される稲作育苗箱に使われる浸透性農薬についての学習会のご案内をいただきました。
(以下、案内チラシより抜粋)

ネオニコチノイド系農薬を使わない病虫害防除を探るフォーラム(全3回)
第2回ワークショップ「稲作育苗箱への浸透性農薬施用について」

  EUでは2013年12月から3種のネオニコチノイド系農薬(クロチアニジン・イミダクロプリド・チアメトキサム)について、2年間の暫定禁止措置をスタートさせ、同じ浸透性作用を持つフィプロニルについても特定農作物への使用を暫定禁止します。
  
  これら4種の殺虫剤をはじめとするネオニコチノイド(浸透性)農薬は、農作物の受粉に重要な役割をはたすハチなどへの影響が懸念されます。「ネオニコチノイド系農薬を使わない農作物や加工品を選びたい」という消費者の声は今後、日本でも広がっていくでしょう。
  
  ネオニコチノイド系農薬は有機リン系農薬に代わる殺虫剤として、国内外で急速にシェアをのばしてきた現状があり、生産現場の声にも耳を傾けなければなりません。
  
  そこで、栽培や防除の専門家、生産者、消費者、流通関係者が互いの経験や知識を携えて集い、生産現場で、実際に役立つ浸透性農薬の代替技術、農法を共に探る機会を企画しました。先進的な実践例に関する情報交換の場として、ぜひご参加ください。
  
・日時:2014年1月26日(日) 14:00〜16:30
・発題者:稲葉光國(NPO法人民間稲作研究所理事長)
戎谷徹也(大地を守る会)
小野寺喜作(庄内協同ファーム代表)
丸山 訓(有機栽培あゆみの会・アグリクリエイト)

・会場:小山台教育会館 205会議室
〒142-0062 東京都品川区小山4-11-12
東急目黒線 武蔵小山駅西口より徒歩3分
http://www.koyamadai50.jp/access/
・参加費:無料
・主催:一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト
・協賛:大地を守る会、らでぃっしゅぼーや、生活クラブ連合会(他団体にも呼びかけ中)

第 2 回フォーラムご参加申し込みについて(参加無料)
grant@actbeyondtrust.orgまで、メールで、以下の内容をご記入のうえ、1月24日までにお申し込みください。全3回のフォーラムですが、1回のみのご参加も可能です。

1. お名前
2. ご住所(もしくは所属団体名称とご住所)
3. メールアドレス

ご参加お待ち申し上げております。
--
一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト
公募担当 八木晴花
〒113-0034 東京都文京区湯島2-9-10-2F
公募専用電話:070-6551-9266
http://www.actbeyondtrust.org/


〔ツリー構成〕

No.254 1月26日稲作育苗箱への浸透性農薬施用についてのワークショップ  2013/12/26(木)12:00 おおきえつこ (2095)

前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧

※ 『クリックポイント』とは一覧上から読み始めた地点を指し、ツリー上の記事を巡回しても、その位置に戻ることができます.